育休失敗12「2日目②」 | 高卒リーマン田舎暮らし

育休失敗12「2日目②」

  HOME  

↓ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ

2日目の続きというか

沐浴見学の時の話です

焦ったよねー

でも当然だよね

毎日断片的に1時間ずつくらいしか寝れなくて、合計でも5~6時間しか寝ないんだもん

おまけに眠りも浅いし、赤ちゃんが泣いたらすぐ起床

そりゃ眠いわ

2003年に米ペンシルバニア大学で行われた実験で「6時間以下の睡眠を2週間続けると一睡もしていないのとほぼ変わらない状態まで脳のパフォーマンスが落ちてしまう」ことがわかっている

つまり産後初期の嫁さんは全員、

常時徹夜状態ってわけだ

そりゃもうろうとするわ

そりゃ赤ちゃんの細かいことには気づけないわ

そりゃ当時の私は心配になるわけだ

睡眠不足が原因なら寝ればいいじゃない

とてもシンプル

でもこれが出来ないんだな

原因はホルモンバランスの変化

妊娠中には眠気を引き起こす「プロゲステロン」というホルモンが急増します

これによって妊娠中は昼夜問わず眠くなります

出産するとこの「プロゲステロン」が激減します

これによって強制的に眠気を感じにくくなります

(「プロゲステロン」が減少することで母乳が出るようになる効果もあります)

そんなわけで中々まとまって寝れないんですね

当時の私は安直で、自分がどこでも気合で寝れるので妻もそうだろうと考えてたと思います

睡眠時間さえ確保できれば寝られる

気合で寝られるはずだ

しかしそれは間違いでした

ホルモン的に寝れないのです

「プロゲステロン」の影響は完全粉ミルクの場合は産後3カ月ほどでなくなります

母乳育児の場合は母乳をやめてから1~3カ月ほどでなくなります

つまり母乳で育てる場合1年とか、乳離れが遅い子だと3年とかちゃんと寝れないってことですね

大変だ

夫に出来る事は何か

それはそっとしておくことと妻の話し相手になること

夫は家にいない方が良いタイミングがあります

夫いない方が赤ちゃんが寝た時に自分も寝やすいんだそうです

妻が疲れていて体力的に大変で熟睡している時に赤ちゃんが短時間で起きてしまったなら、夫が赤ちゃんをあやして妻から遠ざけて睡眠時間を確保するのが良い時もあります

そのへんの見極めは激ムズですね

なんだろ、外にいて、監視カメラで見守ってれば可能かな?

全部が全部をフォローするのは無理だ

だからこの時期は家にいてもそばに寄らずそっとしておくのが良いだろう

しかし授乳のタイムスケジュールは把握しておいて、時間までだいぶあるなら妻に声かけてどうしてほしいか聞くのも良いと思う

  HOME  

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です