名前の無いヒヨコたち(第3世代) | 高卒リーマン田舎暮らし

名前の無いヒヨコたち(第3世代)

2020年5月11日から生まれ始めた、性別不明

烏骨鶏自然孵化

・第3世代
・餌は小屋の中と畑の全て、卵の殻、土、青米、小さい虫は食べているのを確認済
・抱卵15個中13個が確実に有精卵で12個孵化、8羽が正常個体

5月11日、3羽、親鳥に突き殺され死亡

5月14日、2羽、水場で溺れて死亡

5月17日、1羽、圧迫され卵から孵れず死亡

5月18日、6羽、近所のカラスに連れ去られて死亡

5月19日、1羽、死にかけていたのを保護していたが死亡

詳しくはコチラ→烏骨鶏自然孵化

抱卵から最後までまとまってます


【突き殺された3羽】

生後8か月、本能で温め始めて22日目、ストレスが溜まるなか突如発生したヨロヨロする存在を「雛」とも「卵から孵ったもの」とも認識できず突いた模様

囲いがなく雛が親元から離れてしまう環境に気付かなかった私の落ち度でもある

hdr
dav
hdr

【無事に孵る】

dav
dav

dav
hdr

実に二十数日ぶりの砂浴びを堪能する母鳥

dav
dav
hdr
hdr
hdr

保護した雛、かなり冷たくなって虫の息だったが温めれば生き返るものだと驚いた

dav

歩けないのでギブスを1日付けてリハビリ

mde
hdr

カラス襲来

上でカラスが見ていたが親鳥がいるから平気だろう、何羽かやられるかもしれないけどその間に小屋に逃げる親鳥に付いていって何羽かは無事だろう

そう考えて山菜取りから帰ってきて畑に戻って白い羽が散乱しているのを見た瞬間、心臓が締め付けられるように縮んだ

dav
dav

この時落ちていた羽は取ってある

何か形にして、この出来事を忘れないため小屋に飾る予定

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です