初玄米と初煮干しと天使の寝顔 | 高卒リーマン田舎暮らし

初玄米と初煮干しと天使の寝顔

9月26日 飼育9日目 生後14日

ツイッターですごく元気な烏骨鶏の雛がいまして、その子の成長録を研究して真似できるところは真似していきたいと考え、実行します

↓生後4日で茹でたトウモロコシ一粒丸飲み、すごい!

丈夫に育てるコツ的なメモ

・活動時間を長くする、人とは違うリズム、早朝起きて動いて昼寝して動いて日没に寝る
・温度を高くする、30度以上、寒いと成長エネルギーを体温上げるのに使ってしまう
・何でも食べさせる、常に食べれるものを置く
・生米など固いものを雛の時に食べさせて胃腸を強くすると大人になって下痢しない
・生まれて2日で青米、4日で野菜・草を食べる訓練、5日で大人の発酵飼料、ゆで卵の黄身、7日でミルワーム
・籾殻をしく、籾殻も食べられる
・生後10日程で外の小屋に、床を発酵させて温かく
・15日で生のもろこし、カボチャ
・20日で籾殻くんたん
・ニンニクはスタミナがつく?、強すぎるかも?

ざっとですがこんな感じ

というわけで出来るところから、まず自分が早起きして雛の活動時間を上げる、煮干しと生米を食べさせる、キュウリをあげる、これをやっていきます

煮干しは一晩水につけて柔らかくしておく

dav
dav

朝、5時15分起床、エサをあげます

dav

なかなか食べません

それもそのはず、米をエサとして認識していません、というか1mm以下の粒しか与えていないのでそれより大きいものは基本的に食べられないと思ってる

でもイヌタデは食べるので生米サイズごとき飲み込めるはず、ということで心を鬼にしてヒヨコのエサはあげません、お腹が減ったら食べるはず!

…( ´-ω-)

(。・´д`・。)全然食べない

そもそも気にかけてすらない、地面の土的な?

「エサとして見れない」を甘くみていたようだ

つついてもらわねばなにも始まらない、続けば何気なく口に含んで飲み込んでくれるかも!

ということでヒヨコのエサを薄くまぶしてお米を見えなくする作戦

つつきます、すぐに玄米が出てきます、興味が薄れます

しかしめげない!ここで諦めたらこいつらは一生刻んだものしか食べれないかもしれない!こいつらのためにも!自然界で生き抜くためにも!

水で米を濡らして食べやすくする作戦

指でつついて親鳥がつついてるよ食べれるよアピール作戦

イヌタデを混ぜ込む作戦

なんやかんや1時間以上粘った結果、アンディ、フランク、メス①、メス②が食べ始めました!

特にフランクの開拓精神は素晴らしい、今日のMVPは君だ

午後、エサが減ってきたので大根の葉と押し麦を追加

大分散らかったけどかなり食べました、キュウリはまだ食べてません

before

dav

after

dav

夜、おねむの時間です、気付いたんですがこの時間にケージに手を入れてヒヨコを温めるとすぐに寝る

そして可愛い、さらに可愛い

ところでお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、メス①が大きくなってます、なんかオスと変わり無いくらい、今朝よりでかくない?

↓2日前の写真

mde
mde

↓今日の写真

mde
dav

なんかふわっふわでないかい?( ・`д・´)

白い毛が増えてますね、体重も増えてます

本日は以上です

明日も米と煮干し、野菜を中心にあげたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です