桃ジャム作り | 高卒リーマン田舎暮らし

桃ジャム作り

桃ジャムを作りました

分量は、桃(果肉のみで540グラム)、砂糖(桃の重さの40%)、レモン果汁(30CC)

dav

皮と種を一緒に煮込むと香り高く仕上がるので、お茶パックに入れて一緒に調理します。

次にお砂糖を540×1,4=756グラムまで入れます

dav

今回はてんさい糖を使いましたが、白砂糖でも同じ分量で構いません(実績あり)

白砂糖には体を冷やす効果があるのでてんさい糖を使いました

黒砂糖のように癖がなく、普通のお砂糖として使えるのでおすすめです

お砂糖を入れたらざっくり混ぜて30分放置します

新鮮な桃を使う場合は1時間ほど置いて下さい

汁が出てくればオッケーです

dav
mde

火をつけて沸騰させます

沸騰するまで緩くかき混ぜます

鍋底に桃と砂糖が沈殿したままだと焦げるからです

強くかき混ぜると桃が崩れるので注意です

dav

沸騰したらひたすら灰汁取りです

ざっくり取ったらレモン果汁を入れます

mde

入れると少し鮮やかになります

その後もひたすら灰汁を取りながら煮詰めていきます

dav
mde

煮詰めている間に保存の準備をします

まずは瓶と蓋の煮沸消毒

mde

10分ほど煮沸したら取り出して乾燥させます

自然乾燥させてください

ホコリと雑菌がついたタオルで拭いたら煮沸消毒の意味がありません

mde

↑灰汁の発生が落ち着いた状態です

さらに煮詰めると粘度が上がって泡が多くなります↓

mde

気持ち、泡が多くなってますね

こうなったらあと少しです

私は煮詰めながら小皿に数滴取って少し置いて冷ました時の状態がぬる~っとしてたら完成です

まあ、お好みです。ここまで来たら保存は利くのでどんな使い方をしたいか、どんなビジュアルが好きかで決まってきます

私はヨーグルトに混ぜたりパンにのせたりカレーの隠し味に使ったりしたいので

「ヨーグルトに馴染む程度に軟らかく」

「パンにのせてしたたらない程度に固い」

これを目指してます

煮詰めても市販のジャムのようにぷるんぷるんにはならないので注意です

煮詰めすぎると桃飴になります

これでジャムは完成です

写真とるの忘れてて結構瓶に移しちゃったから嵩が減ってるけど、上の写真の状態から10分~15分くらいかな?

mde

瓶に移したら真空行程に入ります

①瓶を固く締めます

②少し緩めます

③20分沸騰したお湯につけます(お湯は瓶の半分くらい)

mde

④一度取り出して固く締めます(やけど注意)

dav

⑤再度10分茹でる

mde

⑥普通の水を鍋に注ぎ、瓶を冷ます(2、3度水を入れ換える)

dav

⑦放置します

真空行程が上手くいっていれば「パコッ」と真ん中がへこんでくれます

mde

桃ジャム完成です!

これなら未開封で1年くらい持つらしいですが、大概明日には開けてすぐ食べきっちゃうんですよね…

dav

このゴロゴロ果肉が良いんですよ!

カレーに入れると甘さとコクを足してくれます!

mde

ジャムを作ったきっかけは妻の「桃を食べると喉がイガイガする」でした

これならパクパク食べてくれます

もし桃を食べると喉がイガイガして、冷蔵庫に痛んだ桃が眠っていたら是非試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

P.S

美味しかったです!

hdr
dav
dav

それでは!今度こそありがとうございました!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です